早漏の薬は色々試すべき

早漏を薬以外で治すならオナニーの方法を変える

ポイントを提案する男性

早漏を薬を使わずに治したいと考えている人もいますが、薬以外で早漏を治すならオナニーの仕方を変えるといいでしょう。
シンプルで誰でもできる簡単な早漏を改善のオナニーの方法として、スクイーズ法があります。
オナニーをしている時に射精をしそうになったら亀頭部を締めて射精を止める方法です。
この方法ならかなり高い確率で早漏を改善できます。
ただし気をつけないと射精を止めることで、精液が膀胱に逆流し膀胱に悪い影響を与えることもあるので、あまりに過度な射精の寸止めはおこなわないようにしましょう。

オナニーをしている所を家族に見つからないために、どうしても短時間で集中してオナニーをする人も多いです。
そのせいで早漏になる人も多いですが、それを改善するためにスローオナニー法を試してみるといいでしょう。
ペニスを早くこするのではなく、20分以上かけて優しくペニスを触るイメージでオナニーをする方法です。
慣れないうちはなかなかうまくいかないかもしれませんが、慣れてくるとセックス以上の快感を得られるようになり、早漏を改善できたという人もいます。
思うように時間をかけてオナニーできないという人は、ローションを使用すると効果的です。

あぐらを組みながらオナニーをする方法も早漏改善には効果があります。
あぐらをかくことで精神的にも落ち着きリラックスしてオナニーができます。
あぐらをかくことで下半身の筋肉の収縮を抑えることができるので、早漏改善に効果がでるというわけです。

オナホールを使うことも早漏改善に効果があります。
オナホールは膣圧を忠実に再現しているので、普段からオナホールでオナニーをしていれば、セックスの時も膣圧に耐えることができ、早漏改善につながるというわけです。
オナホールを使うことでゆっくりと優しく時間をかけてオナニーができるので、早漏改善の効果がでやすくなります。
オナホールはネットで簡単に購入できるので試してみてください。

気持ちを落ち着かせる「セロトニン」を出す方法

仕事の忙しさや人間関係などでストレスが溜まり早漏になってしまう人もいますが、心因性の早漏の場合は、気持ちを落ち着かせるセロトニンを出すことが、心因性の早漏を改善する効果があります。
セロトニンを増やす方法で一番いいのは、睡眠不足などの不規則な生活を改善することです。毎朝早起きをして運動をし、バランスの良い食事を摂ることを心がけてください。

セロトニン神経はリズミカルな運動をすると活性化されるので、歩行の際や食事の際は意識的にリズム良くおこなうといいでしょう。
人とコミュニケーションを取ることもセロトニンを増やす効果があるので、積極的に人とコミュニケーションをとってください。

セロトニンを増やすには栄養のバランスを取ることも大事です。
セロトニンの材料はトリプトファンという必須アミノ酸ですが、バランスの良い食事を摂ることで腸内環境の改善もおこなうので、よりトリプトファンを吸収しやすくなります。
重要なのは一時的に栄養のバランスを取るのではなく、継続して栄養のバランスを取ることが大事です。
あまり効果がないからといってすぐに止めてしまわず、地道にコツコツ続けることがセロトニンを増やし、心因性の早漏を改善できます。

太陽の光を浴びることもセロトニンを増やす効果が高いと言われています。
なぜなら太陽の光には脳の覚醒を促すセロトニンの分泌が活性化されるからです。
太陽が出ている時間は外に出ないで家にばかりいて太陽の光を浴びないと、セロトニンが分泌されなくなりどんどんストレスがたまり、心因性の早漏になる確率も高くなります。
朝起きてすぐに太陽の光を浴びるとセロトニンを増やすだけでなく、生活のリズムもよくなるので早寝早起きを心がけましょう。

人気ランキング