早漏の薬は色々試すべき

実は早漏も食生活で改善する場合がある

早漏について密かに悩んでいる男性は少なくないと言われています。
ただデリケートな悩みなので、病院にもなかなか相談できずに、胸のうちで悩みを抱えている傾向にあります。
自力で治すのが難しいと思われがちですが、実は早漏は食生活で改善できるケースもあります。

早漏を改善するためには、セロトニンの生成をサポートしてくれる食材を摂取することが大事です。
というのも、セロトニンが生成されると、ドーパミンなどの興奮物質の分泌をコントロールしてくれる働きを期待できるからです。
ドーパミンが分泌されすぎると早漏になってしまうので、高い効果があります。

セロトニンの生成を助けてくれる食材の代表が、牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品、赤身肉、カキ、バナナなどです。
これらの食品には、セロトニンが生成されるのを助けてくれる「トリプトファン」という物質が豊富に含まれています。
特にバナナについてはセロトニン合成に役立つビタミンB6、それらを脳内に送る役割のあるブドウ糖が豊富なので、抜群の効果を期待できます。

その他にも、納豆、オクラ、山芋などの粘りが強い食材には精力アップ効果があるので、早漏防止に期待できます。
そもそも精力が下がると勃起を維持する力も弱くなるので、外部からの刺激に弱くなってしまいます。
その結果、早漏が悪化してしまうケースが多いです。
その点、精力アップできる食材を摂取すれば、刺激に強くなり、早漏を改善できます。

ただ食生活において注意すべきなのは、早漏を悪化させる食べ物を摂取し続けると効果が全くないということです。
たとえば、ハンバーガーなどのファストフードには、着色料、化学物質などが豊富に含まれています。
したがって、長期間、食べ続けると、体内の栄養・ホルモンバランスが崩れて早漏が悪化する恐れがあります。
また、お菓子などの甘い物も食べすぎても、自律神経に大きな負担となって改善できなくなります。
なので、バランスのいい食事をとることが大事です。

妻がこっそり作る早漏に効果のある食材を使ったレシピ

奥さんの場合、旦那さんが早漏でどうすれば良いのか分からないと悩んでいる方も多いです。
本人に直接問いただす事は傷つけてしまうので、なかなかできないものです。
そんな時には、こっそりと早漏に効果のある食材を使ったレシピを食べさせてあげると良いです。

そこで、ここからはセロトニンを生成する効果のある牡蠣、精力をつける効果のある山芋を使ったレシピを紹介していきます。

牡蠣のグラタン料理

汚れを落とすために牡蠣約200グラムを塩水で丁寧に洗っていきます。
水気をよく切ってから塩、こしょうで味付けをして、薄く薄力粉をつけます。
それから玉ねぎ半分を薄切りにしていきます。

次に、フライパンにバター大さじ1を溶かして、玉ねぎが薄茶色になるまでよく炒めていきます。
その後、牡蠣も軽く色づくまで炒めたら、牛乳120cc、卵1個を加えます。
少し火を弱めて煮詰めたら、チーズ60グラムを加えて、最後に味付けのしょうゆ小1を加えて火を止めます。
耐熱皿に移したら、上にパン粉、チーズをのせて、トースターで5分焼いて出来上がりです。

山芋のステーキ

まず、山芋を5ミリくらいの輪切りにします。
そして、フライパンにオリーブオイル大1、スライスしたニンニクを入れて低温で熱していきます。
その後、山芋をフライパンに並べて、中火で両面をこんがりと焼いていきます。
バター大2、醤油大1で味付けをしていきます。
皿に盛り付けて、かつお節、ネギを上からかけて出来上がりです。

いずれの料理も初心者でも簡単にできるメニューです。
もしも早漏で悩んでいる旦那さんがいたら、こっそり作ってあげるといいです。

人気ランキング